ぶっちゃけ、これ抜きでペラペラにはなれません -ペラペラになりたいなら知るべき英語上級者への入り口-

f:id:two-faced-lovers:20180825230909p:plain

 

 

みなさんこんにちは!

千田です!

 

 

突然ですが、

僕は英文法が苦手です。

 

 

あなたはどうですか?

 

f:id:two-faced-lovers:20180823231757j:plain

 


「話すために文法とか、

必要ないよね」

 

 

Toeicの勉強は

単語や文法ばっかで

スピーキングしたい人

には意味ないよね」

 

 

 

よくこのような意見を

耳にしますが、

たしかに一理あると思います。

 

 

文法や単語ばかり勉強しても

英語を話せるようには

なりません。

 

 

 

 

しかし、

文法をしっかり

押さえないままだと

 


一生ペラペラに

なることはありません。

 

f:id:two-faced-lovers:20180713231458j:plain

 

 

文章を素早く構築する力が付かず、

言葉にするスピードが

落ちるからです。

 

 

 

「じゃあ、ペラペラに

なるための文法の

勉強方法とかあるの?」

 

「そもそも、

文法ってどうやって

勉強したらいいの?」

 

 

 

今回は、

そのような疑問に

お答えするために

ある勉強法をお伝えします。

 

 

 

この方法を知っていれば、

それだけで

 


今まで嫌っていた

文法学習が大好きになります。

 

f:id:two-faced-lovers:20180823232725j:plain

 

 

しかも、「文法を勉強している」

という意識もなく

文法力がメキメキつくのです。

 

 

もちろん、

紙、ペン、本、お金は

必要ありません。

 

文法のテキストも不要です。

 

 

あなたが英語を話すときに

この勉強方法を意識するだけで、

あなたの文法力は成長し始めます。

 

 

とても簡単なので、

知っているだけで

 

いつでも好きな時に

使うことができる

方法でもあります。

 

 

 

この方法で

文法を習得することで

 

 

あなたの英語の理想は

かなり現実に近づきます。

 

f:id:two-faced-lovers:20180724170517j:plain

 

英語を話す際に、

文法の構築で詰まることや

考え込むこともなくなり、

 

 

ネイティブと遜色なく

会話することが

できるようになるのです。

 

 

 


逆に言えば、

この方法を知らないままでは、

 

あなたの

英語の理想は実現しません。

 

f:id:two-faced-lovers:20180711113910j:plain



 

僕の身近な

英語がペラペラな人は全員、

この術を無意識に

身につけていました。

 

 

 

そのことから、

 

僕はこの方法を

英語がペラペラになるための

必須アイテムだと

思うようになりました。

 

 

f:id:two-faced-lovers:20180711115012j:plain

 

なので、

この方法を知らなければ

 


ペラペラに英語を使いこなし、

 

外国人と友達になったり、

仕事のミーティングをしたり、

くだらない話をしたり、

 

などの

 

あなたのしたいことが

難しくなってしまう


と思っています。

 

最悪の場合、

あなたが今まで費やしてきた

英語への時間、エネルギーは

 

水の泡になってしまいます。

 

f:id:two-faced-lovers:20180825223625j:plain

 


沢山の人が文法に

苦手意識をもっており、

 


同時に、

文法の大切さも理解しています。

 

 

 

中学校の英語のテストでも、

文法知識なしでは赤点です。

 

 

f:id:two-faced-lovers:20180825230909p:plain

 

だからこそ、

 

「文法がわかっていなければ、

英語を使うのは難しい。

その文法の勉強はしんどいから、

英語はあきらめよう。」

 


こう考える人が

後を絶たないわけです。

 

 

彼らは

正しい判断をしたと思います。

 

 

 

英語を使う気がないなら、

文法は学校の

テストのためだけで十分です。

 

 

しかし、

 

この記事を読んでいるあなたは

英語を話す

理想の自分を持っている人です。

 

 

だからこそ、

簡単にギブアップは

出来ないはずです。

 

f:id:two-faced-lovers:20180825223957j:plain

 

とはいえ、

 

従来の方法で文法を勉強すると、

あなたのやる気以上の

面白くなさが襲ってきます。

 


自分が正しく

文法を使えているかどうか

確認しにくいですし、

 

 

身につけるためには

書いて、

テストして、

覚えるしかありません。

 

 

従来の方法では、

あなたの理想を実現するのに

時間がかかりすぎます。

 

f:id:two-faced-lovers:20180713144856j:plain

 

 

「そこまで言うなら、

その勉強法は

それほど良いものなのか?」

 

 

はい。

 

 

「良い」どころか究極です。

 

 

 

 

 

その究極の方法とは

 

「恥を忍んで教えを乞う」

 

ということです。

 

f:id:two-faced-lovers:20180825224409j:plain

 

ただ、それだけです。

 

 

 


それはどんな場面で

使えるかというと、

 

 


例えばあなたが

友達とでも先生とでも、

 

とにかく英語を話していて、

言いたい表現が

すぐに出なかった時です。

 

 

 

その時に何が起こるかというと、

あなたが単語をいくつか並べて、

 

相手がその単語から

あなたの言いたいことを

察して終わりです。

 

f:id:two-faced-lovers:20180825224618j:plain

 

 

これは非常に

よくあるパターンです。

 

あなたも経験したことが

あると思います。

 

 

しかし、これからはその

「察されたこと」を

何と表現すればよかったか

恥を忍んで聞いてください。

 

 

 

それを聞くときに

便利なフレーズを

紹介します。(丁寧な表現です)

 

 

”Excuse me, but

would you tell me the best way

to describe it ?"


「それを英語でいうなら、

どう言えばいいですか?」

 

 


最初の「Excuse me」で

会話を遮ることを軽く謝ります。

 

最後の「it」は、

「相手が察した内容」を指します。

 

 

そうすれば、

相手はあなたが

伝えたかったことを

英語で何というか教えてくれます。

 

f:id:two-faced-lovers:20180825224817j:plain

 

一番のポイントは

 

ゆっくり、はっきり、

言うことです。

 

 


さて、あなたが言わんとすることを

相手に察されてしまったたとき、

 

いつものように

スルーするのではなく、

恥を忍んでこのフレーズを

差し込んでみてください。

 

 

そうやって学んだフレーズこそ、

あなたが苦手で、

かつ本当に必要とする

文法なのです。

 

 

f:id:two-faced-lovers:20180711115354j:plain

 


では、さっそく

新しい勉強法を始めましょう。

 

 

今から、

このフレーズを

口に出してみてください。

 


”Excuse me,

would you tell me

the best way to describe it?"

 

 

これであなたの文法力は

魔法にかかったように

変わり始めます。

 

f:id:two-faced-lovers:20180825225225j:plain

 

 

 

 


最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

Enjoy your English life!